指導者

合唱指揮 木村 哲郎

東京都出身。武蔵野音楽大学作曲学科中退。
作曲を池田一秀、コントラバスを檜山薫、声楽を内田功の各氏に師事。指揮をいわき指揮法セミナーにて小林研一郎、ダグラス・ボストック指揮マスタークラスにてダグラス・ボストック、下野竜也指揮マスタークラスにて下野竜也、星出豊指揮講習会で星出豊の各氏に師事。また、オペラ指揮者:菊池彦典氏のレッスンを受ける。
1999年にアンサンブルテオリアを立ち上げ2011年の解散まで、自作のオペラ、ソングを中心に公演を行うとともに、東北、関東地域において子ども向けオペラ、コンサートの上演を数多く手がける。
これまでに人形劇団プークの音楽アシスタント、ラトビアの作曲家ガルータのカンタータ(日本初演)副指揮、海老名で「第九」を歌おう会合唱指揮、NHK「土曜かきこみテレビ」ROLLYかきこみLIVEでは2度にわたりコーラスアレンジ・指導を担当。また、2007年には東京芸術劇場にてスイセイミュージカル公演ブロードウェイ・ミュージカル「サウンドオブミュージック」(出演:中村香織、ペギー葉山、美木良介、夏樹陽子)の指揮者を務める。
作曲では、TIAA全日本作曲家コンクール奨励賞、東京国際歌曲作曲コンクール最終ノミネート。主要作品にオペラ「銀河鉄道の夜」(原作:宮澤賢治)、オペラ「お父さんのバックドロップ」(原作:中島らも)、オペラ「車のいろは空のいろ」(原作:あまんきみこ)、音楽物語「木馬がのった白い船」(原作:立原えりか)、オペラ「手紙の神さま」(原作:カレル・チャペック)、「メートル原器に関する引用」Sop.Cl.Pf.のための(詩:谷川俊太郎)、混声合唱とピアノのための「くじけな」(詩:枡野浩一)、混声合唱とピアノのための「ジユラルミンの雲はオレンヂの匂ひがする」(詩:克山滋)、女声合唱のための「ボートを漕ぐおばさんの肖像」(詩:辻征夫)などがある。

ヴォイストレーナー 中島 敬子

横浜市出身。武蔵野音楽大学声楽科卒業。声楽を中西八寿子、R. リッチ、佐藤恵利、ピアノを林善子、的場喜美の各氏に師事。田園調布学園時代6年間八尋和美氏の合唱指導を受け、現在も交流が続く。 1996 〜 2002 年までオホーツク国際音楽セミナーに参加し、現在も小林研一郎氏の指導を受ける。「海老名市子供会の歌」作曲。神奈川県推薦音楽会出演、コロムビアにて教材用テキスト録音。 現在、ソロ活動のほか、合唱活動、ヴォイストレーナー、合唱、弦楽アンサンブル指導。

ピアニスト 東 夏子

国立音楽大学音楽学部演奏学科鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業、同時にアンサンブル・ピアノコース修了。その後、同大学上級アドヴァンスト・アンサンブル・ピアノコース修了。
ピアノを梅本実氏に師事。学内において、練木繁夫、アントニー・シピリの各氏、また共演ピアニストとして、伊藤京子、白井光子、嶺貞子の各氏による公開レッスンを受講。学外においても、ノーマン・シェトラー氏の伴奏法を受講。
主にドイツ歌曲の共演ピアニストとして研鑽を積む。
現在、コンクールでの伴奏、声楽との共演、合唱団ピアニスト等、様々な分野での演奏活動を行っている。

ピアニスト 大澤 純麗

国立音楽大学演奏学科鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業。同時にアンサンブル・ピアノコース修了。在学中、第2回音楽大学フェスティバルオーケストラに出演、チェレスタ奏者を務める。2013年、第39回茨城県新人演奏会オーディション合格、同演奏会に出演、聴衆賞受賞。2015年、日テレ小鳩文化事業団主催"想い出の詩コンサート"福島公演に出演。その他、様々な演奏会に出演。
これまでに中村真由美、星野明子に師事。また、伴奏法を梅本実に師事。
現在、後進の指導にあたる傍ら、ソロだけでなく、合唱・ソリストの伴奏ピアニストとして様々な演奏会に出演するなど、精力的に活動中。

ピアニスト 堀家 徳子

桐朋学園大学音楽学部卒業、桐朋学園研究科終了。
桐朋学園大学オーケストラアカデミー嘱託演奏員を務めた後、伴奏、アンサンブルを中心に演奏活動。
アウトリーチや子供向けコンサート、レコーディング、ライブサポートをはじめ、近年はミュージカルなど舞台とのコラボも多い。
2008年ブラジル国内3か所(サンパウロ、ロンドリーナ、クリチーバ)にて、日本ブラジル移民100周年記念コンサートに伴奏ピアニストとして参加。
ピアノを高良芳枝、藤井一興、野平一郎の各氏に師事。