指導者

合唱指揮 木村 哲郎


  東京都出身。武蔵野音楽大学作曲学科中退。
作曲を池田一秀、コントラバスを檜山薫、声楽を内田功の各氏に師事。指揮をいわき指揮法セミナーにて小林研一郎、ダグラス・ボストック指揮マスタークラスにてダグラス・ボストック、下野竜也指揮マスタークラスにて下野竜也、星出豊指揮講習会で星出豊の各氏に師事。また、オペラ指揮者:菊池彦典氏のレッスンを受ける。1999年にアンサンブルテオリアを立ち上げ2011年の解散まで、自作のオペラ、ソングを中心に公演を行うとともに、東北、関東地域において子ども向けオペラ、コンサートの上演を数多く手がける。これまでに人形劇団プークの音楽アシスタント、ラトビアの作曲家ガルータのカンタータ(日本初演)副指揮、海老名で「第九」を歌おう会合唱指揮、NHK「土曜かきこみテレビ」ROLLYかきこみLIVEでは2度にわたりコーラスアレンジ・指導を担当。また、2007年には東京芸術劇場にてスイセイミュージカル公演ブロードウェイ・ミュージカル「サウンドオブミュージック」(出演:中村香織、ペギー葉山、美木良介、夏樹陽子)の指揮者を務めるなど、幅広い分野で活躍。作曲では主要作品にオペラ「銀河鉄道の夜」(原作:宮澤賢治)、オペラ「お父さんのバックドロップ」(原作:中島らも)、オペラ「車のいろは空のいろ」(原作:あまんきみこ)、音楽物語「木馬がのった白い船」(原作:立原えりか)、「メートル原器に関する引用」Sop.Cl.Pf.のための(詩:谷川俊太郎)、女声合唱のための「ボートを漕ぐおばさんの肖像」(詩:辻征夫)などがある。        


ヴォイストレーナー 中島 敬子

 横浜市出身。武蔵野音楽大学声楽科卒業。声楽を中西八寿子、R.リッチに、ピアノを林善子、的場喜美の各氏に師事。田園調布学園在学中、合唱指導を受けた八尋和美氏により声の素晴らしさ、合唱の楽しさを知る。
  1996〜2002年までオホーツク国際音楽セミナーに参加、小林研一郎氏の指導を受ける。 「海老名市子供会の歌」作曲。神奈川県推薦音楽会出演。コロンビアにて教材用テキスト録音。合唱では、ほとんどの在京オケ、国内外のオーケストラと共演。いわき市で開催された2008年、2010年“炎の第九”のオーデション審査員、講師を務める。現在、ソロ活動のほか、ヴォイストレーナー、合唱、弦楽アンサンブル指導。  


ヴォイストレーナー、ドイツ語指導 大島 富士子


     

 ウィーン在住33年後、2009年に日本へ帰国。恵泉女学園高等部を経て、フェリス女学院短期大学音楽科の声楽を卒業後、ウィーン国立音楽大学声楽科とピアノ室内楽科に入学。1981年に同大学を卒業。声楽を江口元子、エドウィン・サモジー、ウェイン・グリフィッツ、ツェーガー・ファンダステーネ、ピアノをハンス・カーン、ノーマン・シェトラー等、リートをインゴマー・ライナー、ツェーガー・ファンダステーネ及びダルトン・ボールドウィンに師事。卒業後は数多くのリーダーアーベントをヨーロッパと日本を中心に開催。1995年から5年間ホセ・ヴァスケスの率いる「オルフェオン・コンソート」のソプラノ歌手として、イタリアやオーストリアでバロック音
 楽の演奏活動をする。チェンバロ及びオルガン奏者のインゴマー・ライナーと共にリーダーアーベントを開催し、1990年にはシューベルト生誕200年記念コンサートとしてウィーンより日本へハンマークラヴィアを持ち込んでシューベルトによるプログラムで演奏旅行をした。ボンのベートーヴェン祭、リンツのブルックナー祭、ウィーンのイースタークラング祭、イタリアのオーロラ祭やアゾロのイースター祭などに出演。2009年には女性では珍しくシューベルトの歌曲だけで一晩のプログラムを歌い、ボールドウィン氏より「シューベルト歌手」として認められる。
 2013年に2度目のシューベルト歌曲の夕べをボールドウィン氏と演奏した。著書「正しい楽譜の読み方、バッハからシューベルトまで」は2009年に9月に現代ギター社より出版され、すでに第8版に入っている。オーストリアでは国家公認日本語裁判通訳・翻訳者として又会議通訳者としてはヨーロッパの広範囲で活躍していた。2014年7月オーストリア・ブルゲンランド州々都自由都市アイゼンシュタット市よりヨーゼフ・ハイドン記念名誉銀メダルを授与される。         
大島富士子ホームページ



合唱練習ピアニスト 花光 典子


愛知県立明和高校音楽課程卒業。愛知県立芸術大学音楽部ピアノ科卒業。日本福祉大学に7年間非常勤講師として勤務。八重口敬子、福井直俊、永野美佐子、丸山恵美の各氏に師事。名古屋で数々の演奏会に出演、四日市市でリサイタルを行う。
現在、レーベンフロイデ合唱団の伴奏者として活躍中。また、座間市演奏家連盟の会員として座間市音楽祭などに出演多数。2002年以来、「海老名で『第九』を歌おう会」では、練習ピアニストを務める。