海老名で「第九」を歌おう会合唱団

 「海老名で『第九』を歌おう会合唱団」は2年に一度、「えびなベートーヴェンコンサート(「えびなの第九」)」の開催にあたって「海老名で『第九』を歌おう会」実行委員会が広く参加者を募り、組織される合唱団です。
 毎回、10代から80代まで、「合唱は初めて・・・」という方から「第九」歴数十回の方まで、海老名市民を中心に、近隣各市、さらには県外からの応募も含めた百数十名にも及ぶ参加者によって編成され、夏から年末まで数か月間、熱意あふれる指導陣の下に練習を重ね、公演に臨んでいます。

 初回から一貫してプロのオーケストラを招いてきた「えびなの第九」は、昨今、神奈川県内で開催されるアマチュア合唱団中心の「第九」公演において、プロ・オケの招聘が稀有な事例となりつつあるなか、第一線のプロ・オケとともに歌うことのできる、数少ない「第九」としてその存在感を増しつつあります。また、合唱団の熱唱はもちろんのこと、毎回語り草となるほどの指揮者・オーケストラ・ソリストの熱演も、参加者のみならず、聴衆の方々にも大きな感銘を残し、またクラシック音楽専門誌等にも取り上げられるなど、各方面から高く評価されており、今や海老名市の文化を語る上で欠かせない催事となっております。


 海老名市における「第九」の初演は1980年の12月、その年の4月に開館したばかりの海老名市文化会館で、当時市内で活動していた3つの合唱団が参加して行われました。海老名市文化会館事業協会の主催による「第九」公演は翌年も引き続き行われ、「第九」が海老名に根を下ろすかに見えたものの、その後久しく、海老名で市民参加の「第九」公演が行われることはありませんでした。

 しかし、海老名で「第九」を歌う機会を求める声が絶えることはなく、「初演」から22年を経た2002年5月、市内で活動する混声合唱団「レーベンフロイデ合唱団」のメンバーを中心とする有志により「海老名で『第九』を歌おう会」が設立され、市民自らの手による公募合唱団の組織と演奏会の実施を目指して活動を開始しました。
 当初は手探りのスタートでしたが、さまざまな困難に直面しながらも150名を超える合唱団参加者に支えられて開催に至った「えびなベートーヴェンコンサート 第九」(2002年・第1回公演)は満席の聴衆から絶賛を浴びる大成功を収め、新生「えびなの第九」はその第一歩を踏み出しました。

 この第1回公演の実績と、「えびなの第九」の継続・発展を望む多くの方々の声を受けて、「海老名で『第九』を歌おう会」は実行委員会(公演非実施年は準備委員会)が事務局を預かる常設の組織になり、以後、市内外の各種機関・団体や海老名市文化会館指定管理者(第3回公演より)の支援・協力のもと、隔年で公演を企画し、合唱団の組織・運営に当たってきました。
 そして、創設10周年を迎えた2012年、『「えびなの第九」10周年記念特別公演』と銘打たれた第6回公演 は、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の絶大なる協力と、斯界を代表するソリスト陣の参加を得て、「ベートーヴェンコンサート」の名に恥じない豪華なプログラムと、すべての出演者が一体となった白熱の演奏で満席の聴衆を魅了し、「海老名で『第九』を歌おう会」の歴史に新たな一ページを開きました。

 この2012年公演の大成功を受けた2014年の公演では、聴衆の皆様から圧倒的なご好評をいただいた、交響曲2曲のプログラムを継続し、将来的には「えびなベートーヴェンコンサート」の名にふさわしく、ここ海老名で、楽聖が作曲した9つの交響曲全ての演奏を達成することを見定め、その一歩として、初演(1814年)からちょうど200周年を迎えた「交響曲第8番」を、前半のプログラムに選びました。また、初の試みとなる「ソリスト公開オーディション」を実施し、若く才能ある声楽家との心躍る一期一会を求めるなど、新たな挑戦も行い、2012年の特別公演に勝るとも劣らない大きな反響をいただきました。

 もちろん、合唱団の活動についても、初めて参加される方々がじっくり「第九」と向き合うことに重点を置いた練習期間を新たに設けるなど、ご参加いただく多くの皆様に、より充実した時間を過ごしていただけるよう、さまざまな趣向を盛り込んでおります。

 次の節目である「第10回(2020年)」、「20周年(2022年)」、さらには「『第九』初演200周年(2024年)」に向かい、一層の発展を目指して歩み続ける「えびなの第九」に、海老名で「第九」を“歌いたい”、“聴きたい”とお考えのすべての皆様のご参加・ご来聴・ご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。



2012年11月 歌おう会 練習の様子

公演は次のページをご覧下さい。 

2016年公演

2014年以前の公演



神奈川県立海老名高等学校合唱部

1980年、開校2年目に同好会として活動を開始。部に昇格した後、2011年からは精力的に地域貢献に努めるとともに、ハンガリーや韓国の高校生との合同演奏会や神奈川県立音楽堂の「未来プロジェクト事業」の1校(全5校)に選出され「高校生によるメサイア全曲」の演奏会を成功させた。これらの活動に対して、「海老名文化スポーツ賞」・「かながわ部活文化賞」・「神奈川県高等学校文化連盟賞」等を受賞した。神奈川県合唱コンクールでは、2015年度に金賞を受賞し県代表として出場した関東大会で銅賞を獲得して以来、昨年度・今年度とも上位への入賞を果たしている。「心に残る音楽を」をモットーに、笑顔と感動の溢れる明るい雰囲気が自慢である。


神奈川県立生田高等学校グリークラブ

1969年、生田高等学校の開校にともない、「音楽部合唱班」として活動を開始。
毎年、入学式・文化祭などの校内行事、地域での施設訪問や特別支援学校・中学校・音楽大学との交流、各種の合唱祭・音楽祭・合同演奏等への参加など、多様な発表の場に臨み、歴代の部員の自発性と創意によって培われてきた伝統を継承・発展させながら、「心で歌え!」をモットーに、意欲的な活動を続けている。
毎年3月に開催される定期演奏会では、30年以上にわたってオペラ上演に取り組み、2018年3月には新作オペラ「パコと魔法の絵本」(原作・後藤ひろひと作曲・木村哲郎)の委嘱初演を行い、絶賛を博した。
2018年現在、NHK県コンクールでは通算34回の受賞歴を誇り、2015年、神奈川県代表として出場した関東合唱コンクールにおいて銀賞を受賞するなど、近年の実績も目覚ましい。